運営者情報

    シアリスに魅せられた38歳です。
    より強い勃起力を追究し、色々と情報収集に明け暮れる日々です。
    過去に色んな治療薬を経験し、最終的に辿り着いたシアリス。 人気の秘密や勃起の悩みを解決する方法などこのサイトを通して紹介しています。
    一人でも多くの男性が幸せなセックスライフを送れるよう願っています。

勃起不全について知ろう

自分はもしかしたらEDじゃないかと悩んでいる男性はいませんか。
悩み過ぎてしまうとかえって症状を悪化しまう場合もあります。
だからこそ勃起不全とは一体何なのか?それを具体的に知ることは大切です。

安心してください。男に引退はありません。
もう一度立ち上がるために勃起不全とは具体的にはどういうことを意味するのかをここでは掘り下げて説明させていただきます。

ED(勃起不全)ってなに?

男性だけに起こる生理病の一種です。
40代では5人に1人が、50代では2人に1人が悩んでいると言われています。英語表記ではErectile Dysfunctionとなり、

Erectile=勃起
Dysfunction=機能不全

これを略してEDとなります。
専門的に定義されているのは「性交時に不十分な硬さの勃起状態しか起こせない事で、あるいは十分な硬さの勃起状態を維持する事が出来なくなるので満足出来る性交が行えない」とされています。
なので、性交時の途中で陰茎が萎えてしまう「中折れ」もこの勃起不全の症状となります。

※「たまに勃起しないんだよな…」や「勃起しないんじゃないかと不安になる…」などもEDの可能性が有るので、治療の対象となります。

実際に治療を受けた方の例

こんな場合でも、もしかしたら治療が必要かも?
実際に治療が必要となった患者さんの声をまめておきます。

・「いつもダメな訳ではないんだよな…」
・「性欲もあって興奮もするんだけど、ペニスがついてこない…」
・「勃起が長続きしない」
・「一時的には硬くなるけど、良い所で萎えてしまう…」

軽度程度の方も含めると国内には推計で1800万人以上の男性がEDを罹患しているとされ、60代にもなると1.7人に1人もいると言われ、最近では若年層に生じる事も増えてきています。
勃起できない事を恥ずかしいなどの病院への抵抗感を理由に適切な治療を受けていない方も多いのが現状で、自然治癒が望める事は稀なケースなので殆どの方が治療を必要とします。

勃起をしても硬くならない理由

「興奮するから硬くなる」なんて思う方も多いはずですが、意外にも勃起を起こすまでに男性のからだの中では幾つもの機能が働くことで起こっているとされます。
勃起をしても硬くならない理由 脳・神経・血管・海綿体の4つの機能は健全な勃起状態を起こす為には必要不可欠とされ、このどれかの機能に不具合を起こす事によって原因とされる「海綿体への血液流入不足」を起こす様になります。
この原因を起こすには4つのタイプがあると言われています。

・心因型
若年層に多いとされ、ストレスや過去の辛い体験に基づいて起こる。

・器質型
50代以上に多く、病気などの影響によって血管や神経に障害を起こす。

・薬剤型
特定の薬剤を服用している事で起こる。

・混合型
心因と器質の両方の影響で起こる。

男性であれば誰にでも起こる可能性がある勃起不全は、非常に身近な病気であると言えます。
ちなみに私は自分はEDなんじゃないのかと疑い始めた際に必死でネットで調べて自分の現状を理解することが出来ました。
私が紹介するお薬購買部と言うサイトではより詳しく勃起不全について説明がありますのでもしよければ参考にしてみてください。

EDとインポテンツ

インポテンス、あるいはインポテンツと言えばほとんどの人が頷いてくれることと思いますが、ちょっと前まではそういう言い方がほとんどでした。
しかし、この言葉にはかなり差別的な意味合いがあり、たとえそういう症状が出ている方でも、なかなか口外することはなかったというのが実情です。
どちらかと言えば、隠しておきたいものである、と。
ですから専門医に相談する方も少なかったのではないでしょうか。
子供のころ、友人を貶す言葉に、インポ、というものがありました。
多くの方が経験あると思いますが。
さまざまな誤解が生じることから、日本医学会もこれに対応し、インポテンスという言葉を改め、勃起障害、あるいはEDと呼ぶようになったのです。
イメージというものは大切なもので、そういう呼び方をするようになりますと、実に多くの方が専門医などを訪れるようになりました。
あらゆる宣伝なども堂々と訴求しています。

更新情報